離婚協議書等各種契約書作成

離婚協議書、公正証書、内容証明、示談・合意書等各種書類の作成を承ります。行政書士は権利義務、事実証明に関する書類の作成のプロフェッショナルです。

○離婚協議書
離婚をする場合、将来のため、子供のため、後の紛争を防止するために、合意した内容を書面に残すことが非常に重要になります。

内容としては、親権、養育費、財産分与、年金分割、慰謝料、面会交流等があります。

内容に漏れがないように、離婚協議書を作成するためには、専門的な知識が必要になります。

当事務所は、書類作成のプロである行政書士事務所であり、また離婚を専門業務にしておりますので、今までの経験を活用した、離婚協議書を作成することができます。

 

○公正証書にする重要性
離婚協議書を公正証書にすることは非常に重要です。

理由は、離婚時に夫婦で合意した内容を離婚協議書にしただけでは、いざ離婚後、相手が養育費の不払い等を起こした場合、裁判を起こしてから、差し押さえをするとなると、費用、時間がかかってしまいます。

強制執行認諾約款の付された公正証書を作成しておけば、裁判を経ることなく、相手の財産に対して、差し押さえをすることができます。

また、強制執行認諾約款付の公正証書を作成することにより、相手に精神的プレッシャーを与え、スムーズな養育費の支払いを促すことができます。

現在日本では、離婚後の養育費の支払い割合が20%を切るといわれています。お子様の将来のためにも、離婚協議書を公正証書にすることがとても重要です。

当事務所では、それぞれのお客様の事情を考慮し、それぞれのお客様にマッチした的確な助言および離婚協議書、公正証書の作成を行っております。お気軽にお問い合わせください。

 

○離婚協議書、公正証書の報酬

離婚協議書 協議書作成・修正・内容の打合せ 40,000円
公正証書 公証人のとの打ち合わせ・内容の修正 10,000円
離婚協議書+公正証書 上記2つのセット料金 50,000円

*公証役場への代理人は1人10,000円で承ります。

*公正証書作成時には別途、公証役場への手数料がかかります。

*内容が養育費のみの場合は協議書と公正証書で30,000円です。

*内容が養育費と面会交流の場合は協議書と公正証書で40,000円です。

 

○内容証明
内容証明とは、いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、証明することができる文書です。

法的効力はありませんが、相手に精神的プレッシャーを与えることができ、話し合いに応じさせたり、履行を促すことができ、後の言った言わないの水掛け論の防止にも役立ちます。

婚姻費用、養育費等が支払われない場合には、内容証明を相手側に出し、履行を促しましょう。

内容証明作成 内容証明作成・当事務所名送付 20,000円

 

 

○離婚協議申入書
離婚を希望しているが相手が話に応じない、ずっと別居していて会話をしていないので切り出しづらい、話し合いをするとお互いに感情的になってしまうので避けたいというような場合、手紙で離婚の意思とその具体的な希望条件を伝えてみるという方法があります

また、相手にも回答は書面で送るようにとお願いすることにより、不要なトラブルを回避できる場合も多くあります

離婚協議申入書 離婚協議申入書作成 20,000円

 

 

○別居合意書
様々な事情で別居を決意することがあると思います。

別居をする場合にも、事前に決めなくてはならないことがあります。

別居中の生活費である婚姻費用の額、子供が未成年である場合は監護者、非監護者の子供との交流等、不安な気持ちや後のトラブルを防止するためにも別居合意書を作成しましょう。

別居合意書 別居合意書作成 20,000円

 

 

○示談・合意書
男女間のトラブル等、後の紛争を防止するためにも、解決内容を文書に残しておくことが、非常に重要です。当事務所では示談・合意書の作成も承ります。

示談・合意書 示談・合意書作成 45,000円

*当事務所が代理人として、示談交渉をすることはできません。

*念書、その他各種契約書の作成の相談も承ります。

 

それぞれのお客様に合わせた書類の作成を行っています。お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5605-1428
受付時間
月曜~金曜
9:00~18:30
面談は土日祝日23時まで対応

 

<全国対応>
東京23区(江戸川区、江東区、葛飾区、千代田区、中央区、荒川区、台東区、文京区、新宿区、渋谷区、墨田区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、杉並区、中野区、練馬区、北区、豊島区、板橋区)千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県他