<外国人のVISA・入管手続
 TTF行政書士事務所

当事務所は、東京の江戸川区を中心に日本在住の外国人、外国人の配偶者である日本人・永住者、外国人を雇用したい方々からご相談をいただき、外国人の在留資格・永住・帰化に関する手続やアドバイスをさせていただいております。

外国人の方が日本に入国・在留する場合、出入国管理及び難民認定法で定められている27種類の在留資格に該当していなければなりません。

各在留資格には、在留資格の該当性や上陸許可基準適合性が求められます。

入国管理局において外国人、又は日本にいる代理人からの申請により、在留資格の該当性、基準への適合性を審査します。

申請する際、「どの在留資格に該当し、どのような書類を提出すれば許可が下りるのか」判断することが重要です。

提出する書類に不備があれば、不許可になってしまいますし、再申請する場合に悪影響を与えることもあります。

当事務所では、お客様一人ひとりにあったサービスを心がけています。

外国人の呼び寄せをお考えの方、入管への在留資格関係申請(永住・更新・変更など)や帰化をお考えの外国人の方、相続や遺言の手続がわからないという方など、役所の手続や法律に関わる書類についてお困りのことがありましたら、まず私たちにご相談ください。

特に在留資格関係の複雑な案件や不許可案件でお悩みの方、あきらめる前に一度ご相談ください。

  

♦当事務所の強み

申請取次行政書士の申請により、本人が入国管理局への出頭をする必要がありません。

当事務所はお客様の事情をとことん聞き、それぞれのお客様に合った助言や、書類の作成をさせていただいております。

行政書士には法律で守秘義務が定められておりますので、ご安心して、ご相談ください。

 

 

♦当事務所のできないこと
○代理人として示談交渉をすること。
○代理人として裁判にかかわること。

 

<全国対応>
東京23区(江戸川区、江東区、葛飾区、千代田区、中央区、荒川区、台東区、文京区、新宿区、渋谷区、墨田区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、杉並区、中野区、練馬区、北区、豊島区、板橋区、)千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県他